ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ガスリーは1周目リタイア、ハートレーは終盤に追い上げ

2018年05月14日(月)5:31 am

F1第5戦スペインGP決勝レースを、トロロッソ・ホンダが次のように振り返った。

●【画像:レース結果表】F1第5戦スペインGP決勝のタイム差、周回数、ピット回数

■レースレポート

F1第5戦スペインGPは、気温が15℃と低く、雨も予想されるコンディションの中、午後3時10分から決勝レースが行われた。

予選12番手のピエール・ガスリーは、6列目からスタート。前日のフリープラクティスでクラッシュを喫したブレンドン・ハートレーは、PU関連すべてとギアボックスを交換し、完全に修復されたマシンで最後尾からのスタートとなった。レッドブル・トロロッソ・ホンダの2台は、ともに新品のソフトタイヤでレースに臨んだ。

スタートで若干出遅れたガスリーは、ターン3でコース上でスピンしたロマン・グロージャン(ハース)に接触し、フロントにダメージを負ってその場でリタイアとなった。

このクラッシュによってバーチャル・セーフティー・カーが導入され、その間にハートレーはピットインし、ミディアムタイヤに交換。16番手でレースに戻った。

そのあと、上位陣のリタイアなどもあり、レース中盤の30周目には12番手までポジションを上げた。

33周目にハートレーは再びピットインし、新品のミディアムタイヤに交換。それによりポジションを14番手に落としたが、終盤に追い上げを見せ、12番手でチェッカーフラッグを受けた。

●【ホンダF1】「ハートレー車はチェッカー後にデータ異常を感知した」
●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「トップスピードが足らず追い抜きが難しかった」
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「ポイント獲得のチャンスだったのに、グロージャンが突然戻ってきた・・・」
●【トロロッソ・ホンダ】トスト代表「ガスリーは10位以内が可能だと信じていた」
●【動画】グロージャンがスピン、ガスリーとヒュルケンベルグが巻き込まれる
●【ハイライト動画(日本語)】F1第5戦スペインGP 決勝レースハイライト動画

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック