ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】「もう少し期待していたが・・・最後のレースは懸命にプッシュする」

2017年11月26日(日)8:52 am

F1最終戦アブダビGPの予選を終えて、マクラーレン・ホンダのエリック・ブーリエ(レーシングディレクター)は次のように振り返った。

●【予選結果】F1アブダビGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

■エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「昨日と同様に、ここアブダビでは中団は非常に拮抗していた。従って、自分たちのマシンの実力をもう少し期待していたものの、Q3に進出できるかどうかは分からないと考えていたんだ。そして、懸念していたように、ライバルチームは私たちのQ3進出を阻止するだけの出力アップを行い、その結果、我々は僅差でQ2敗退となった。

FP3とQ1では両ドライバーが力強いペースをみせていただけに、それをQ2で披露できなったことについては、少しフラストレーションを感じている。Q2までは、コース上で4番目に速いマシンとして、力強い走りをみせていた。

それでも、今日の走りには前向きな点があった。両ドライバーが時間を賢く使って、明日のレースに向けてマシンのセットアップをするだけではなく、今後に向けて重要なデータを収集するためにマシンのセッティングを進めてくれたんだ。

明日はフェルナンドもストフェルも、スタート時のタイヤを自由に選択できるというメリットがある。このコースでオーバーテイクするのは簡単ではないものの、我々はポイント獲得を目指す。マクラーレン・ホンダとして臨む最後のレースとなる、今季最終戦をいいかたちで終えるためにも、懸命にプッシュする」。

●【ホンダF1】「タフな一日で厳しい結果に。PUは安定しているので力を出し切りたい」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「11番手で満足。予選ではみんな“魔法”のエンジンモードがあるからね」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「“魔法のボタン”がなくて負けた。好スタートを狙うよ」
●【マクラーレン・ホンダ】予選では限界・・・“最後のレース”で力強いパフォーマンスを

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック