ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「タフな一日で厳しい結果に。PUは安定しているので力を出し切りたい」

2017年11月26日(日)9:25 am

F1最終戦アブダビGPの予選を終えて、長谷川 祐介(ホンダF1プロジェクト総責任者)は次のように振り返った。

●【予選結果】F1アブダビGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

■長谷川 祐介(ホンダF1プロジェクト総責任者)

「今日はチームにとってタフな一日になりました。

午前のセッションでは、昨日からさらにマシンのセットアップを進め、両ドライバーともに良い感触を得ながら予選に臨みましたが、予選では僅差の戦いの中で、11番手と13番手で2台揃ってQ3進出を逃すという厳しい結果になりました。

明日はいよいよマクラーレン・ホンダにとって最後のレースになります。Q2で敗退となった今日の予選結果は残念でしたが、レースはニュータイヤを装着した上でポイント獲得が十分に可能なポジションからのスタートになります。

PU(パワーユニット)としてはここ数戦で安定したパフォーマンスをみせられているため、明日もこの状態を維持し、最後にポイント獲得を果たせればと考えています。チームとして今出せる力をすべて出しきった上で、いいフィナーレを迎えたいと思います」。

●【マクラーレン・ホンダ】「もう少し期待していたが・・・最後のレースは懸命にプッシュする」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「11番手で満足。予選ではみんな“魔法”のエンジンモードがあるからね」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「“魔法のボタン”がなくて負けた。好スタートを狙うよ」
●【マクラーレン・ホンダ】予選では限界・・・“最後のレース”で力強いパフォーマンスを

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック