ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「ハートレー車はチェッカー後にデータ異常を感知した」

2018年05月14日(月)5:44 am

F1第5戦スペインGP決勝レースを、ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターが次のように振り返った。

●【画像:レース結果表】F1第5戦スペインGP決勝のタイム差、周回数、ピット回数

■田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター)

「今日はポイントを獲得を狙ってレースに臨んだだけに、他車のスピンに巻き込まれるかたちでガスリーが1周目にリタイアせざるを得なかったことは非常に残念でした。

ハートレーについては、昨日の大きなクラッシュのあと、メカニックたちの懸命な作業によりマシンを修復し、今日のレースに出場、完走することができました。

チェッカー後にデータの異常を感知したので念のためマシンを止めましたが、大きな問題ではありませんでした。

来週はバルセロナに残り、2日間のテストに臨みます。同時にモナコGPに向けた準備も進めますが、チームは中盤戦に向けて忙しい時間を迎えることになります」。

●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「トップスピードが足らず追い抜きが難しかった」
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「ポイント獲得のチャンスだったのに、グロージャンが突然戻ってきた・・・」
●【トロロッソ・ホンダ】トスト代表「ガスリーは10位以内が可能だと信じていたから残念」
●【動画】グロージャンがスピン、ガスリーとヒュルケンベルグが巻き込まれる
●【ハイライト動画(日本語)】F1第5戦スペインGP 決勝レースハイライト動画

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック