ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

フェルナンド・アロンソ「マクラーレン・ホンダは期待通りにいかなかった。ルノーは家族」

2017年11月24日(金)23:56 pm

フェルナンド・アロンソは、F1最終戦アブダビGPを前に、記者会見でマクラーレン・ホンダの3年間を振り返った。来季からマクラーレン・ルノーとなるが、今どのような思いを持っているのだろうか?

「変化するタイミングは今だと思うんだ。僕は個人的にマクラーレン・ホンダのプロジェクトに多くの期待を抱いていた。それは、おそらく、マクラーレン・ホンダが過去に成功していて、とても魅力的なパートナーシップだったからフェラーリから移籍したんだ」

「僕たちはこの3年間に望んでいた結果を達成できなかった。期待通りのパフォーマンスを出せなかったんだ。だから、マクラーレンには変化が必要で、ルノーと力を合わせる時が来たと思っている。レッドブルがルノー・パワーユニット成し遂げていることをみれば、とても楽観的だよ」

「明らかに、まだ足りていないことがあるけれど、常に表彰台のために戦うし、レースをするために戦う、それは今マクラーレンが持っているものとはすごく異なる絵なんだ。そう、楽観的だよ、疑いようがない」

「ルノーについては、家にいる感じだね。僕の2番目の家族だと思っているし、偉大だし、彼らは非常に良い会社だし、非常に良いエンジンだ。疑う余地はないね」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック