ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】「新エアロパーツを投入。マシンバランスも良く、予選にも自信を持って臨める」

2018年05月25日(金)7:01 am

F1第6戦モナコGP初日をホンダのジョナサン・エドルズ(チーフ・エンジニア)は次のように振り返った。

●【FP2結果】2018年F1第6戦モナコGPフリー走行2回目のタイム差、周回数

■ジョナサン・エドルズ(チーフ・エンジニア)

「今日はチームにとって順調な一日でした。モンテカルロ市街地サーキットはレイアウトがユニークなため、ほかのサーキットと比べてかなり異なるセットアップが要求されます。

ドライバーの力量がすべてのサーキットで重要なのは言うまでもありませんが、ここモナコでは、安定性が高く、自信を持ってドライビングできるマシンをセットアップするのが非常に重要です。

ハートレーとガスリーはどちらもF1マシンでここを走った経験がないため、両セッションでできるだけ多く周回するように心がけました。

FP1では、両ドライバーが予定されていたプログラムをすべて完了することができました。モナコは週末を通しての路面の変化が著しく、テストを行うのが難しいため、そこまで多くのメカニカルなテストは行いませんでした。しかし、今回は新しいエアロパーツを投入しているため、セッション中はそのデータの解析を進め、知識を蓄えました。

FP2では、セットアップにいくつかの変更を加え、マシン全体のバランスを高めることができました。ドライバーからのフィードバックも好評で、我々のマシンはセッションを通して競争力を発揮できていたため、よりいいチューニングだったと言えるでしょう。ガソリン搭載量が少ない状態での走行中はよかったですが、路面の修復作業のため、赤旗が提示されたときは少し難しかったです。

全マシンが同時にトラフィックから抜け出そうとしていたので、集団の中でいいラップタイムを刻むのが困難になりました。幸いにも、我々のマシンは比較的早くに混乱から抜け出せましたが、そのあとはトラフィックに引っかかったマシンに進路を防がれてしまい、ラップタイムに影響が出てしまいました。これはつまり、FP2でのタイムは本来の実力を示しているものではないということです。

我々のマシンは短いランでも高燃費走行でも競争力を発揮していたので、その点は励みになりました。ピエールのマシンはガソリンを多く積んだ際にいくつかの問題が発生していました。おそらくブレーキ関連のトラブルだと思いますが、原因を解明し、問題を取り除く必要があります。これに関しては問題なく行うことができるでしょう。全体としては、初日は非常に順調でした。FP3と予選にも自信を持って臨めます」。

●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「トップ10に入れる。ハードコンパウンドの方がポジティブな感触」
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「マシンは速い。あとコンマ数秒さえ上げられればトップ10に」
●【ホンダF1】「PUをモナコに合わせて最適化。中団は激しい戦いだがチャンスがある」
●【FP2ハイライト動画】F1第6戦モナコGPフリー走行2回目
●【FP2レポート】ホンダ勢は惜しくもトップ10に届かず レッドブル好調/F1モナコGP
●【FP1ハイライト動画】F1第6戦モナコGPフリー走行1回目
●【FP1レポート】レッドブル1-2 ホンダ勢も順調なスタート/F1モナコGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック