ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【FP2レポート】ホンダ勢は惜しくもトップ10に届かず レッドブル好調/F1モナコGP

2018年05月25日(金)0:03 am

2018年F1第6戦モナコGPが5月24日(木)、モンテカルロ市街地サーキット(全長3.337km)で開幕。現地時間15時(日本時間22時)から行われたフリー走行2回目ではダニエル・リカルド(レッドブル)が2セッション連続でトップに立った。

●【FP2結果】2018年F1第6戦モナコGPフリー走行2回目のタイム差、周回数

セッションが開始されるとフェラーリ勢が早いタイミングで走行を開始するも、メルセデスやレッドブルはタイミングをずらしてコースインを遅らせる作戦をとる。

序盤はモナコに持ち込まれたドライタイヤのうち中間に位置するウルトラソフトタイヤで走行を開始したセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がトップタイムをマークして全体をリードしていく。

セッション開始から15分に達するころメルセデス勢が走行を開始すると、レッドブルのマックス・フェルスタッペンもそれに続いていく。メルセデスはルイス・ハミルトンがスーパーソフトタイヤ、バルテリ・ボッタスがウルトラソフトタイヤを装着。フェルスタッペンは最も軟らかいコンパウンドのハイパーソフトタイヤをチョイスした。

そしてフェルスタッペンがベッテルのタイムを更新してトップタイムをマーク。それにウルトラソフトのベッテルが続く展開となる。

セッション開始から20分が経過したところで午前中のセッションでトップタイムを刻んでいたリカルドがハイパーソフトタイヤでコースイン。まずはベッテルに次ぐ3番手に顔を出す。その直後にフェルスタッペンが全体ベストをさらに更新して1分12秒071を刻み、これまでのコースレコードを更新した。

その直後にフェラーリのベッテルとキミ・ライコネンもハイパーソフトに交換。その間にフェルスタッペンはセクター1を自分が出したベストタイムをさらに更新するペースで駆け抜けていく。

ところが、ここで赤旗が提示され、セッションが中断となる。どうやらコースの途中に設けられていた排水溝かマンホールのふたに異常が発生したようで、コースマーシャルたちが溶接機を持ちだして路面の修復作業を行うという珍しい光景が展開された。

残り時間が50分となったところで赤旗が解除されてセッションが再開されるとほとんどのドライバーがコースへと向かっていく。ここで混雑するコースに出ることを避けたメルセデスだけがピットにとどまる作戦に出た。

ここでハイパーソフトタイヤでのアタック合戦が繰り広げられると、リカルドがフェルスタッペンに次ぐ2番手に上がり、ここでレッドブルが1-2体制を築く。しかしこの後ベッテルとリカルドが何度か2番手の位置を奪い返しあうというシーンが繰り広げられる。

セッション開始から55分ほどが経過した時点ではフェルスタッペンをトップに、ベッテル、リカルド、ハミルトン、ボッタス、ライコネンと並び、3強チームのドライバー6人が順当にトップ6を占める展開となった。

セッションの残り時間が30分を切ったあたりから多くのドライバーがロングランプログラムに切り替えていく。だがこのタイミングでリカルドが新品ハイパーソフトタイヤでのショートランを開始。リカルドはその後1分11秒841のトップタイムを刻み、フェルスタッペンが刻んだコースレコードをさらに更新してみせた。

終盤は各ドライバーがロングランプログラムに入ったため、結局フリー1に続いてフリー2でもリカルドがトップに立ち、レッドブル勢が1-2でライバルたちをリードする形でセッション終了時刻を迎えた。

期待のトロロッソ・ホンダ勢はブレンドン・ハートレーがトップ10入りに100分の2秒不足して11番手。ピエール・ガスリー(トロロッソ)は14番手だった。

■フリー走行2回目トップ10ドライバー

トップ/ダニエル・リカルド(レッドブル) 1:11.841
2番手/マックス・フェルスタッペン(レッドブル) 1:12.035
3番手/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 1:12.413
4番手/ルイス・ハミルトン(メルセデス) 1:12.536
5番手/キミ・ライコネン(フェラーリ) 1:12.543
6番手/バルテリ・ボッタス(メルセデス) 1:12.642
7番手/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) 1:13.047
8番手/ストフェル・バンドーン(マクラーレン) 1:13.077
9番手/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン) 1:13.115
10番手/カルロス・サインツ(ルノー) 1:13.200

F1モナコGPフリー走行3回目は、明後日26日(土)の日本時間19時から始まる。

●【FP2ハイライト動画】F1第6戦モナコGPフリー走行2回目
●【FP1ハイライト動画】F1第6戦モナコGPフリー走行1回目
●【FP1レポート】レッドブル1-2 ホンダ勢も順調なスタート/F1モナコGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック