ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「PUをモナコに合わせて最適化。中団は激しい戦いだがチャンスがある」

2018年05月25日(金)6:40 am

F1第6戦モナコGP初日をホンダの田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター)は次のように振り返った。

●【FP2結果】2018年F1第6戦モナコGPフリー走行2回目のタイム差、周回数

■田辺豊治(ホンダ F1テクニカルディレクター)

「今日は通常の走行初日と同様、PUのセッティングを少しずつこのサーキット特性に合わせて最適化する作業を行いました。

ここモナコでは、日曜に近づくに従い路面状況が改善し、タイムアップしていきます。また、事前のシミュレーションと実際の走行で異なる部分も出てくるので、それらの点を考慮に入れながらの作業となりました。

中団はかなりタイムが拮抗しており、激しい戦いになっています。ただ、チームはマシンに対していい感触を得ているようですし、今週は我々にもいいレースができるチャンスがあると思っています。

幸い、モナコグランプリは伝統的に金曜の走行がありませんので、明日の一日を活用してデータ分析を行い、土曜の予選に備えたいと思います」。

●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「トップ10に入れる。ハードコンパウンドの方がポジティブな感触」
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「マシンは速い。あとコンマ数秒さえ上げられればトップ10に」
●【トロロッソ・ホンダ】「新エアロパーツを投入。マシンバランスも良く、予選にも自信を持って臨める」
●【FP2ハイライト動画】F1第6戦モナコGPフリー走行2回目
●【FP2レポート】ホンダ勢は惜しくもトップ10に届かず レッドブル好調/F1モナコGP
●【FP1ハイライト動画】F1第6戦モナコGPフリー走行1回目
●【FP1レポート】レッドブル1-2 ホンダ勢も順調なスタート/F1モナコGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック