ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

マクラーレンら5チームが2017年用タイヤテストに使うF1マシンを準備

2016年04月17日(日)5:28 am

2017年のルール変更に向けたタイヤテストの方法が大筋で合意されたようだ。

F1はスピードアップを図るため、来年から幅の広いタイヤを導入する予定だが、タイヤのテストをどのチームのマシンでどのように行うかが決まっていなかった。

●【グリッド】F1第3戦中国GPスターティンググリッド、予選から変動あり

F1中国GP(17日決勝)で、FIA(国際自動車連盟)の競技委員長であるチャーリー・ホワイティングとチーム代表らが集まってタイヤテストの方法が話し合われたと『Motorsport.com』が伝えている。

まず、2014年までのマシンを使用して、サイズは現在のままでコンパウンドだけを2017年仕様にしたタイヤをテスト。次に、サスペンションを変更した2015年のマシンを使用して、2017年の幅広タイヤをテストするという。

現在、メルセデスAMG、フェラーリ、レッドブル、マクラーレン、ウィリアムズの5チームがマシンの提供を申し出ている。

ピレリのモータースポーツ責任者ポール・ヘンベリーは、最初のテストがおそらく「7月末、ホッケンハイム(ドイツGP/7月31日決勝)のあたり」に行われる予定だと話している。

■テストに参加するチームは有利に

ヘンベリーは、2017年に向けて現在とは性質の異なるタイヤを開発していると『Motorsport.com』に話す。

「われわれが取り組んでいるのは、作動温度領域の広いタイヤだ」

「つまり、現在ならオーバーヒートが起きるような状況でも、それは起きなくなる」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、タイヤテストを行うチームにはアドバンテージが生まれるだろうと話している。

「きっとどのチームも走行距離を稼ぎたいだろうね。当然ながら、何かしら学ぶことはある」

■FIAとの契約、風洞テスト用タイヤも進展

ピレリは2017年以降のF1へのタイヤ供給について、FIAとの契約をまだ結んでいない。しかし、タイヤテストの大筋が決まったことで、契約についても進展するとヘンベリーは話している。

「来週初めには、FIAとの契約も含めて、最終的な決定が下るだろう」

また、これによって、ピレリは2017年仕様の風洞テスト用のタイヤをチームへ供給することも決めたと伝えられている。

■予選の結果
● 【予選速報】赤旗2回で波乱続出 マクラーレン・ホンダは不運
●【予選結果】F1第3戦中国GP予選、タイム差、周回数
●【グリッド】F1第3戦中国GPスターティンググリッド

■予選の映像
●【予選映像】赤旗2回の大波乱...F1中国GP予選ハイライト映像公開
●【Q3映像】予選ポールポジションを獲得したニコ・ロズベルグのオンボードカメラ映像
●【Q2映像】予選Q2でも赤旗中断 ヒュルケンベルグのタイヤ外れる
●【Q1映像】予選Q1で赤旗中断 ホームストレートでクラッシュ

■マクラーレン・ホンダ
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「2台ともQ3に進出できていたはず」
●【マクラーレン・ホンダ】バトン「次はQ3に進める」
●【ホンダF1】「予選Q2の赤旗中断は本当に残念」
●【マクラーレン・ホンダ】「赤旗さえなければ楽にQ3に行けた」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック