ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「PUは順調だったが残念な結果に。ファクトリーでデータ分析を進める」

2018年04月15日(日)19:43 pm

ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターが、F1第3戦中国GP決勝レースを次のように振り返った。

●【画像:レース結果】2018年F1第3戦中国GPのタイム差、周回数、ピット回数

【ピエール・ガスリー】18位
【ブレンドン・ハートレー】DNF

■田辺豊治(ホンダF1テクニカルディレクター)

「先週バーレーンで見せた力強いレースから一転、今週の中国GPは苦しい週末になりました。

PUについては週末を通して順調でしたが、レースペースが上がらない中、チームメート同士の接触もあり、残念な結果になりました。

ここ4週間で3レースという目まぐるしい時間が続きました。今後のシーズンで競争力のある走りを見せるため、ファクトリーに戻りここまでの3レースで得たデータの分析を進めます」。

●【レース動画(日本語)】予想できないドラマ・・・フェラーリでもメルセデスでもないレッドブル優勝/F1第3戦中国GP決勝レース動画
●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「行かせようとしたけど接触してギアボックスに損傷・・・」
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「なぜバーレーンで速く、上海で上手くいかなかったのか?」
●【トロロッソ・ホンダ】フランツ・トスト代表「上手くいかない週末だった。次戦バクーまでに解決策を」
●【ホンダF1】「PUは順調だったが残念な結果に。ファクトリーでデータ分析を進める」
●【動画】トロロッソ・ホンダ・・・同士討ちシーンはこちら
●【接触シーン画像】トロロッソ・ホンダ、同士討ち・・・セーフティカー導入のきっかけに
●【決勝レポート】リカルドが大逆転勝利!同士打ちを演じたホンダ勢は惨敗
●【ポイントランキング表】F1第3戦中国GP決勝レース終了後

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック