ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【接触画像:レース速報】トロロッソ・ホンダ、同士討ち・・・セーフティカー導入のきっかけに

2018年04月15日(日)16:31 pm

2018年F1第3戦中国GP決勝レースが上海インターナショナル・サーキット(1周/5.451km)で行われているが、レース中盤過ぎ、トロロッソ・ホンダの2台が接触し、2台ともピットインする事態となった。

●【画像:レース結果】2018年F1第3戦中国GPのタイム差、周回数、ピット回数

前を走るブレンドン・ハートレーがイン側を空けたと勘違いしたピエール・ガスリーがヘアピンでインへ飛び込んだ際に接触。ハートレーはスピンし、ガスリーはフロントウイングが破損した。

この影響で、コース上に散らばったデブリ(破片)を清掃するためにセーフティカーが導入された。これでタイム差がリセットされ、後半の戦いが面白くなりそうだ。

後に、ピエール・ガスリーに10秒のタイムペナルティが科せられた。

●【動画】トロロッソ・ホンダ・・・同士討ちシーンはこちら

●【接触画像:レース速報】ベッテルとフェルスタッペン接触!
●【画像:レース結果】2018年F1第3戦中国GPのタイム差、周回数、ピット回数
●【画像:正式スターティンググリッド】2018年F1第3戦中国GP
●【決勝スタート前のタイヤ残数】F1第3戦中国GP決勝レース

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック