ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC】トヨタ、第4戦ラリー・フランスに3台で臨む コース紹介と解説

2018年04月05日(木)5:11 am

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、4月5日(木)から8日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)に、ヤリ-マティ・ラトバラ組(ヤリスWRC 7号車)、オット・タナック組(8号車)、エサペッカ・ラッピ組(9号車)の、3台のヤリスWRCで参戦する。

●【WRC】トヨタのマキネン代表「サスペンションの改善に成功。事前テストも良い結果」

■フルターマック(舗装路)ラリー

フランスのコルシカ島を舞台とするツール・ド・コルスは、2018年シーズン最初のフルターマック(舗装路)ラリーだ。開幕戦のラリー・モンテカルロも基本的にはターマックラリーだったが、SS(スペシャルステージ)の路面の多くは雪や氷で覆われていたため、雪道用のタイヤを装着して走行する機会も多い特殊な1戦だった。しかし、ツール・ド・コルスはすべてターマックでの戦いとなるため、モンテカルロとはまた異なるタイプのラリーといえる。

■道幅が狭く、断崖絶壁

コルシカ島のSSは全体的に道幅が狭く、コーナーが次々と現れる山岳路が特徴だ。道の片側には岩壁が迫り、反対側は断崖絶壁といったような、ドライバーの勇気と精神力の強さを試すようなSSも多く、そのようなSSでは精度の高いドライビングとクルマのセッティングが重要となる。また、タイヤへの負荷が高い路面も多く、特に50km前後のロングステージでは摩耗のコントロールが重要な要素となる。

■デイ1からデイ3までの流れ

ラリーの中心となるサービスパークは、島東部の都市バスティアの空港近くに置かれ、SSは島の広い範囲で行なわれる。

5日(木)のラリー前の最終調整機会であるシェイクダウン後、競技初日となる6日(金)のデイ1は、バスティアの南西エリアで2本のステージを2回走行。SS1とその再走SSであるSS3は全長49.03kmのロングステージだ。

7日(土)のデイ2は、バスティアの北帖北西エリアで3本のステージを各2回走行。そして、競技最終日となる8日(日)のデイ3は、島西側の都市アジャクシオの周辺で2本のSSを行うが、SS11は全長55.17kmと今大会最長であり、ツール・ド・コルスとしては1986年大会以降最長のSSとなる。

また、最終ステージのSS12は、SS上位タイムを記録した選手に対しボーナスの選手権ポイントが付与されるパワーステージに指定されている。SSの数は全部で12本、計333.48km、リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1119.87kmとなる。

●【WRC】トヨタのラトバラ「2015年に優勝。事前テストはとてもポジティブで表彰台争いを期待」
●【WRC】トヨタのタナック「ポイントを取り戻す。2日間のテストはとても良いフィーリング」
●【WRC】トヨタのラッピ「事前テストでさらに自信を深めた。どんな天候でも準備万端」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック