ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【WRC】トヨタのラトバラ「2015年に優勝。事前テストはとてもポジティブで表彰台争いを期待」

2018年04月05日(木)5:13 am

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、4月5日(木)から8日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第4戦ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)に、ヤリ-マティ・ラトバラ組(ヤリスWRC 7号車)、オット・タナック組(8号車)、エサペッカ・ラッピ組(9号車)の、3台のヤリスWRCで参戦する。

●【WRC】トヨタ、第4戦ラリー・フランスに3台で臨む コース紹介と解説

■ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC 7号車)

「2015年に優勝して以降コルシカには良い思い出がいくつもありますし、本当にお気に入りのアスファルトラリーです。

このラリーは『1万コーナーのラリー』と呼ばれていますが、もし走っている途中に100メートル以上の直線があったら、それはコルシカ島ではなく違う島に来てしまったという話があるくらいです。

コーナーではイン側にそれほど深く切り込めないため、イン側の砂利が道に散乱することはあまりなく、コーナーとラインどりに集中して走ることができます。

事前のプレイベントテストはとてもポジティブな内容で、非常に良いフィーリングが得られクルマにはとても満足しています。コルシカでは恐らく全チームが速いとは思いますが、表彰台争いができることを期待しています」。

●【WRC】トヨタのマキネン代表「サスペンションの改善に成功。事前テストも良い結果」
●【WRC】トヨタのタナック「ポイントを取り戻す。2日間のテストはとても良いフィーリング」
●【WRC】トヨタのラッピ「事前テストでさらに自信を深めた。どんな天候でも準備万端」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック