ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「人生で最高のレースだった」

2017年03月26日(日)20:24 pm

F1開幕戦オーストラリアGP決勝レースで、終盤までトップ10を走行していたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は、「おそらく僕の人生で最高のレース」と語った。

●【決勝スピード計測】アロンソ、約27km/h差を抑え込んだ驚異的な走り

フェルナンド・アロンソは、予選13番手を獲得。ダニエル・リカルド(レッドブル)の5グリッド降格ペナルティにより12番グリッドからスタートし、ロマン・グロージャン(ハース)のリタイアなどもあり、渾身の走りで10位争いをしていた。

その後、巧みな走りでエステバン・オコン(フォース・インディア)を抑え続けていたが、サスペンショントラブルによりレース残り7周のところでリタイアとなった。

■アロンソ、人生で最高のレース

しかしアロンソは「競争力のないクルマ」でポイント圏内を走行していたのは驚きだったと認めた。

「おそらくその瞬間まで僕の人生で最高のレースだったね」

「冬の準備なしで、競争力のないクルマで、野蛮な方法で燃料をセーブしなければならないのは何度もあった。僕たちは1周あたり約2秒上げなければならないのに、それでも僕たちはポイント圏内にいたんだ」

「僕たちがやったことはかなり驚きだったけど、結局は完走できなかった」

「だけど、おそらく僕が経験してきた中でもベストレースの1つだったよ」

■30km/h遅い、早急に改善を

しかしながらアロンソは、競争力不足のマクラーレン・ホンダの力を考えると、次のレースで同様のパフォーマンスは得られないと考えている。ホンダエンジンはライバルより30km/h以上遅かったと語った。

「僕が言ったように、予選で13位になり、ポイント圏内を走行する、というこんな週末はほとんどないだろう。次のレースでは基本的に不可能だと思う」

「ここのトラックは、難しく、すごく狭く、すごくバンピーで、経験値が必要だった」

「通常のサーキットでは、ポジションは少し下がるだろうから、すぐにでも改善する必要がある。そうしなければ、僕たちはすごくフラストレーションが溜まるレースをすることになる」

●【決勝スピード計測】アロンソ、約27km/h差を抑え込んだ驚異的な走り

●【決勝レース結果表と画像】2017年F1第1戦オーストラリアGP、タイム差、周回数、ピット回数

●【画像】スタート直前、コース上でストップしてうなだれる母国のヒーロー、ダニエル・リカルド・・・

●【決勝レース】母国GPリカルド無念、再びトラブルでストップ、リタイア

●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「ノーパワー」苦しい戦い

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック