バーニー、マクラーレンを批判

【マクラーレン・ホンダ】「いいスタートを切ることが重要」フェルナンド・アロンソ/F1オーストラリアGPプレビュー

2016年03月15日(火)16:46 pm

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、アルバート・パーク・サーキットで行われるF1開幕戦オーストラリアGP(20日決勝)に向けて意気込みを語った。

■フェルナンド・アロンソ「パワーユニット改善度合いも確認したい」
「すごく長い冬だった。思い出せる限り、これまでで一番長くF1から離れていたと思う。だからまたクルマに乗るのが本当に楽しみだ。このサーキットは運転していて本当にワクワクするんだ。市街地コースのような特性があるのもその理由のひとつだよ。ランオフエリアも狭いし、路面もでこぼこしていてグリップも低いんだ。それに、誰だってまたレースを始めたくてうずうずしているしね」

「重要なのはいいスタートを切ることだ。みんなもそうしたいと思っているし、最初のレースがスタートされれば静かな公園でいくつかのドラマが展開されることになる。今年は、みんなのタイヤ選択がどういう効果をもたらすのか、それぞれのチームがどういう戦略を取るのかということが面白くなりそうだ」

「金曜と土曜には決勝日のコース特性を予測するために懸命に取り組み、クルマに最終仕様セットアップを施すことに集中することになる。それに、この難しいサーキットにおいて、パワーユニットのデプロイメント改善がどれくらいうまくいったのかを確認できるのも興味深いところだ」

「ひとつだけ確かなことは、ファンはいつも大声援を送ってくれるし、シーズン開幕戦はすばらしい気分になれる。それ以外のことについては、結果やほかのチームとの比較など、まだ何も予想はつかないよ。冬のテストではまだそれほど多くのことは分からないからね。今年も同じようなチームが強そうだ。だけど、まだ誰もが本当の手の内を見せてはいないし、週末がどういう展開となるのかが楽しみだね」

「金曜日のフリー走行1回目がスタートすると、そこからコースコンディションはグランプリが終わるまでの間に劇的に変化していく。だからドライバーやエンジニアにとってもっとも重要なのは決勝レースだし、それぞれのセッションに向けて最適なセットアップを施せるようにしなくてはならない。でないと敗北のリスクを負うことになってしまう」

「新しい予選方式によって、チームやファンにとっては少しばかり予測不能な要素が加わることになる。シーズンごとに新しいルールが設定されると、それになれるまでには少し時間がかかるものだしね。オーストラリアに着き、クルマに乗り込み、バイザーを下げてサーキットに出て行くのが楽しみだ。そこでシーズンが本当に始まるんだ。僕はもう準備万端さ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック