NEXT...F1開催スケジュール

【F1 eスポーツ正式発表】F1バーチャル・グランプリ、今週末開催決定!あなたもF1ドライバーが直接対決できるかも?

2020年03月20日(金)20:49 pm

F1は20日(金)、現在のF1ドライバーをフィーチャーした新しい『F1 eスポーツ・バーチャル・グランプリ(F1 Esports Virtual Grand Prix)』シリーズを発表した。

●【動画:F1 eスポーツ】大波乱・・・ヒュルケンベルグがスタート直後に接触、ハーバートがペナルティ覚悟でトップへ、ノリスが最終周に接触・・・/第1戦バーチャルGP決勝レポート

このシリーズは、今シーズン前半戦のカレンダーに影響を与えている新型コロナウイルス(COVID-19)の状況にかかわらず、ファンが事実上F1レースを見続けることができるように作られた。

■今週末の日曜日はバーチャル・バーレーンGP!

バーチャルレースは、延期された全グランプリの代わりとして開催される。第1戦としてバーチャル・バーレーンGPが今週末の3月22日(日)から始まる。それ以降のレースウィークエンドには、実世界で延期されたF1レースが5月まで開催される予定だ。

バーチャル・バーレーンGPは3月22日(日)午後8時(GMT、日本時間23日午前5時)からGfinity Esports Arena(または必要に応じてリモート)から生中継する。

■全現役ドライバーが参戦

シリーズ最初となるレースには、現在のF1ドライバーがグリッド上に並ぶ予定だ。今回は関係者の安全を確保するため、各ドライバーはリモート(遠隔)でレースに参加する予定だ。

■公式F1サイトなどで放送

このシリーズでは、コードマスターズ(Codemasters)が開発したF1公式2019 PC用ゲームが使用され、初のバーチャルGPは実際の50%の距離にあたる28周のレースとなる。

F1公式サイトのF1.com、YouTube、Facebookチャンネルなどで、1時間30分間放送される予定だ。この時間内にドライバーは予選を戦い、最速ラップタイムに基づいてグリッドが決定され、決勝レースが行われる予定だ。

■イコールコンディションでの勝負

ドライバーのゲーム・スキルのレベルが違うため、ゲームのセッティングは、コンペティティブかつ面白いレースとなるよう構成されるという。

この設定には、クルマのセットアップは変更することができない固定されたものとなり、クルマのパフォーマンスはイコールでの走行になる。

また、接触によるマシンの損傷の軽減、ゲームになれていないドライバーのためにオプションのアンチロック・ブレーキやトラクション・コントロールが含まれる。

■目的はファンを楽しませるもの

このシリーズはファンのためにエンターテインメントを目的としており、実際の選手権ポイントは付与されない。

また、レースウィークエンド以外の週末は、オンライン・エキシビション・レースを行い、ファンがF1ドライバーたちと直接対戦する機会があるという。

これらイベントの詳細は、今後数週間以内にF1公式SNSを通じて発表される予定だ。

●【動画:F1 eスポーツ】大波乱・・・ヒュルケンベルグがスタート直後に接触、ハーバートがペナルティ覚悟でトップへ、ノリスが最終周に接触・・・/第1戦バーチャルGP決勝レポート
●【F1 eスポーツ】PPはレッドブル、現役F1ドライバーは4番グリッド/第1戦バーレーン・バーチャルGPスターティング・グリッド
●【F1 eスポーツ】第1戦バーレーン・バーチャルGP参戦ドライバーとルールなど発表
●【正式発表】F1バーチャル・グランプリ、今週末開催決定!あなたもF1ドライバーが直接対決できるかも?

【関連ニュース】
前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック