ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「中団は接近しているけど力強いポジションへ」

2017年11月25日(土)5:30 am

F1最終戦アブダビGPの初日を終え、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)は次のように振り返った。

●【P2タイム結果】2017年F1第20戦アブダビGPフリー走行2回目のタイム差、周回数

■ストフェル・バンドーン
MCL32-04
FP1 1分40.569秒(+1.563秒) 15周 8番手
FP2 1分39.671秒(+1.794秒) 31周 12番手

「僕たちにとってとても良い一日になったよ。言うまでもなく、FP1は非常に暑い条件下で行われるから、ここのサーキットでは最も重要なセッションではないんだ。だから予選やレースと同じ温度と条件のFP2に常にフォーカスしている」

「かなり生産的な1日だった。クルマはとても快適に感じたよ。いつものようにフォース・インディア、ルノー、ウィリアムズの中団グループとすごく接近している」

「今日はたくさんのことを試した。明日一緒にすべてをまとめ上げ、渋滞に引っかからずにうまく引き出すことができれば、まあまあ力強いポジションに入るはずだ」。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック