ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「全ての設定が良く、グリップもあって手ごたえあり。晴れを願う」

2017年09月30日(土)6:18 am

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、F1マレーシアGP初日を次のように振り返った。

●【タイム結果】F1マレーシアGPフリー走行2回目、タイム差、周回数

■フェルナンド・アロンソ
MCL32-02

FP1 1分50.597秒(トップとの差 +1.635秒) 6周 3番手
FP2 1分32.564秒(トップとの差 +1.303秒) 14周 5番手

「今日はいい一日だった。1回目のセッションでは、マシンでいくつかの確認を行った。コースがそれほどウエットコンディションではないときに走行し、3番手に入れたことは良かったと思っているよ。

2回目のセッションはドライコンディションだったけれど、マシンからは引き続きいい感触を得ていた。明日に向けて、大掛かりな変更をする必要はないと考えている。

今回さまざまな設定を試し、そのすべてでポジティブな結果が得られた。今夜、データを確認し、どの設定にするのかを決定しなければならない。このサーキットではマシンの手ごたえを感じているし、スーパーソフトタイヤを装着しているときにはかなりのグリップがあるんだ。

2回目のセッションの最後には、赤旗によって走行時間を少し失った。ただ、それは大半のチームが同じ状況だ。FP3で残りのプログラムを消化する予定なので、雨が降らないことを願っているよ」。

●【動画】グロージャン、めくれた“排水溝”でタイヤが裂けて高速クラッシュ!
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「アロンソの新パーツは良いようだ。この勢いを明日も」
●【マクラーレン・ホンダ】「アロンソ車に搭載したパーツが効果を発揮。このレースは確実にチャンスだ」
●【ホンダF1】「PUに厳しい状況下でも問題なし。アロンソのタイムは励みに」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック