ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「PUに厳しい状況下でも問題なし。アロンソのタイムは励みに」

2017年09月30日(土)5:39 am

ホンダF1の長谷川祐介F1プロジェクト総責任者は、F1マレーシアGP初日を次のように振り返った。

●【タイム結果】F1マレーシアGPフリー走行2回目、タイム差、周回数

■長谷川祐介 ホンダF1プロジェクト総責任者

「スコールに見舞われたシンガポールに続き、今回も不安定な天候との戦いになっています。

FP1は激しい雨によりセッション開始が遅れたため、周回数は通常よりも少なくなりました。ただ、降雨を想定して二種類のタイヤを試せたので、明日以降に向けて貴重なデータを収集できたと思います。

午後のセッションは一転、ドライコンディションとなりましたが、両ドライバーともに安定した走りを見せてくれました。特にフェルナンドが記録したラップタイムは、まだ金曜とはいえ、チームにとって明日に向けた励みになるものです。

気温が高く、PUにも厳しい状況下で走行していますが、1日を通してPUには特に問題は見られませんでした。トラブルなくセッションを終了できたことは前向きに捉えています。

中団のタイムを見ると非常に拮抗しており、明日の予選は少しのセッティング差で結果が変わってくると思います。ベストなセッティングを見つけるべく、マクラーレンと一緒に今日収集したデータの分析を進めます」

●【動画】グロージャン、めくれた“排水溝”でタイヤが裂けて高速クラッシュ!
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「全ての設定が良く、グリップもあって手ごたえあり。晴れを願う」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「アロンソの新パーツは良いようだ。この勢いを明日も」
●【マクラーレン・ホンダ】「アロンソ車に搭載したパーツが効果を発揮。このレースは確実にチャンスだ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック