ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】バンドーン、バトンともにミスしてリタイア

2017年05月29日(月)11:21 am

F1モナコGP決勝レースは、マクラーレン・ホンダにとって残念なレースとなった。

●【決勝結果】F1モナコGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■ストフェル・バンドーン、トップ10走行中もミスでリタイア

ストフェル・バンドーンは、レース中盤にほかのドライバーが次々とピットストップを行った際に7番手を走行。レース終盤には10番手を走行し、ポイントを獲得するためにいいポジションにつけていた。

ただ残念ながら、バンドーンはレース終盤に導入されたセーフティカーが解除されたあと、アクシデントに見舞われた。タイヤとブレーキが冷えていたためにアンダーステアになり、サン・デボーテでタイヤウオールにクラッシュ。66周目でリタイアする結果となった。

■ジェンソン・バトン、ピットストップ戦略外れる

一方、今週末にバンドーンのチームメートとして出場したジェンソン・バトンにとって、午後のレースが厳しい内容になることは最初から分かっていた。パワーユニットのコンポーネント交換によってグリッド後方からのスタートを余儀なくされたため、戦略担当者はバトンを1周目でピットストップさせて、渋滞のない中で別の戦略に出ることを決断した。

ただ、同じラップでザウバーもパスカル・ウェーレインをピットストップさせることにしたために、バトンのピットストップはすぐにその効果を失ってしまう。ウェーレインには、ピットストップ後にマシンを安全にリリースしなかったことで、5秒間のペナルティーが科せられたものの、1周目の戦略的なピットストップがバトンのレースを決定づけるかたちとなった。

バトンは前方を走るザウバーのマシンをなかなかオーバーテイクできなかったため、チームは戦略を練り直し、レース中盤でオプションタイヤに履き替えるためにピットインした。

その後、ウェーレインに追いついたバトンは、ポルティエでイン側からのオーバーテイクを試みたものの、両マシンが激突。ウェーレインのマシンはタイヤウオールに横向きにクラッシュし、バトンはマシンの左側フロントコーナーを破損した状態でハーバーフロントの避難用道路の端にマシンを止め、レースを終えた。

●【マクラーレン・ホンダ】1戦限定復帰のバトン「レースは残念だったけど、予選は心から楽しむことができた」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「ポイント獲得できず残念。進化はしている」
●【ホンダF1】「ポイント逃して悔しい。バトンは良い雰囲気をもたらしてくれた」
●【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「不運、カジノで負けたようなもの。バンドーンは自信が増したのは良かった」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック