ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【P3速報】フェラーリ1-2 ハースも2台がトップ10/F1バーレーンGP

2016年04月02日(土)22:14 pm

2016年F1第2戦バーレーンGPが4月2日(土)、バーレーン・インターナショナル・サーキット(1周/5.412km)で2日目を迎え、現地時間15時(日本時間21時)から行われたフリー走行3回目でフェラーリのセバスチャン・ベッテルがトップになった。

【タイム結果】F1バーレーンGPフリー走行3回目

金曜日の2回のフリー走行ではいずれもメルセデスAMG勢が1-2体制を築いていたが、予選前最後のセッションとなるこのフリー走行3回目ではフェラーリが1-2を達成した。

60分で行われたセッションの終盤に各ドライバーがもっとも軟らかいスーパーソフトでの走行を開始。まずキミ・ライコネンがトップタイムを刻むと、ベッテルがチームメートのタイムを100分の4秒更新する1分31秒683をマークしてトップに躍り出た。

3番手4番手にはメルセデスAMGのニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンが続き、5番手にウィリアムズのバルテリ・ボッタスが続いた。

今年F1参戦を開始したハースのロマン・グロージャンが6番手、エステバン・グティエレスが8番手で2人もトップ10に入り、好調ぶりをアピールしている。

昨日のフリー走行2回目で3番手タイムを刻んだマクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは13番手、負傷欠場のフェルナンド・アロンソに代わって出走しているストフェル・バンドーンはそれに次ぐ14番手だった。

F1バーレーンGP予選は、このあと日本時間24時から始まる。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック