ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

レッドブルは元所属ドライバーに冷たい?

2015年04月19日(日)6:59 am

元トロロッソのハイメ・アルグエルスアリがレッドブルを攻撃している。元所属ドライバーの扱いが不公平なのだという。

アルグエルスアリも、史上最年少でF1デビューを果たした2009年当時は将来を嘱望されていた。

ところが2011年、彼は元チームメートのセバスチャン・ブエミもろともレッドブルをクビになった。もっかアルグエルスアリは、電動レーシングカーのFIA(国際自動車連盟)新選手権フォーミュラEを戦っている。

「レッドブルは僕が15歳の時からレースキャリアを支えてくれた。F1に上げてくれたのも彼らだ」とオーストリアのスポーツ系インターネットチャンネル『Laola1』に語るアルグエルスアリ。

「しかし、僕らドライバーを平等に扱わなかった。契約を切られたからいうわけじゃない。決定が遅かったんだ」

「わざと時間をかけたんだよ。僕らが他のF1チームにシートを探せないようにね」

F1から去ったアルグエルスアリに後悔はないという。ここ数年、F1の方向性に「信じられないほど落胆している」からだ。

問題は、高騰を続ける参戦コストにあると彼はいう。そのため、現在のグリッドはいわゆる「ペイドライバー」で埋まりつつある。

「それでスポーツといえるかな」とアルグエルスアリ。

「僕はF1を信じていた。でも今は、その実態が手に取るように分かる。この目で見、肌で感じたから。今の願いは、フォーミュラEがF1よりすぐれた選手権になって、F1の連中が犯した過ちを繰り返さないことだ」

技術面でもF1は変わったとアルグエルスアリは指摘する。彼が思うに、2000年代はマックス・フェルスタッペン(トロロッソ)のような17歳の少年がデビューするなどあり得なかった。

「僕がF1を始めたころは、もっともっと特別な存在に感じられた。ユニークなシリーズだったよ」とアルグエルスアリ。「身体的な負担がすさまじかった。完ぺきに鍛えあげなければ務まらなかったんだ。特に首周りをね」

「今のF1はGP2(F1直下のカテゴリー)より数秒速いだけの、まるで拡大版F3さ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック