ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ペトロフ、DTMに転向か

2013年11月23日(土)0:33 am

ビタリー・ペトロフは、2014年にもDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)に転向する可能性があることを認めた。

昨シーズン、ケータハムのシートを失って以来、これまでF1復帰を視野に入れていたペトロフ。しかし、ロシアのウェブサイト『Championat』へこう語った。

「メルセデスに接触して彼ら(のDTMプログラム)がどんな状況なのか探りを入れてみたんだ」

「BMWがどんな感じかも知っている」

「DTMに打って出るぐらいの金はあると思ってくれていいよ」

ペトロフは現在29歳。F1復帰は本人いわく「頭痛の種」らしいが、それでもモータースポーツ最高峰への返り咲きが最優先だという。

その反面、『Championat』はペトロフが近々ラリーマシンのテストを行うとも報じている。

2014年F1復帰の可能性をきかれたペトロフは次のように答えた。「基本的に以前と変わらない。交渉と待機の繰り返しさ」

「ウィリアムズのシートは取られてしまった。でも、あと3チームと話し合っているよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック