ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ハイライト動画】F1第11戦ドイツGPフリー走行2回目

2018年07月21日(土)6:54 am

F1第11戦ドイツGPがホッケンハイムで開幕し、フリー走行2回目が行われた。

●【FP2結果表】2018年F1第11戦ドイツGPフリー走行2回目のタイム差、使用タイヤ、周回数

トップタイムはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、2番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)、3番手はバルテリ・ボッタス(メルセデス)、4番手はセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、5番手はキミ・ライコネン(フェラーリ)だった。

フリー走行1回目でトップだったダニエル・リカルド(レッドブル)は13番手、9番手だったシャルル・ルクレール(アルファロメオ・ザウバー)は8番手で絶好調だ。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーは15番手、ブレンドン・ハートレーは16番手だった。

●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「多くは語りたくないけど・・・もっとグリップが欲しい」
●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「速いし感触は良い。トップ10まで0.3秒の僅差」
●【トロロッソ・ホンダ】エドルズ「新パーツは狙い通り。コンマ数秒でトップ10入りの僅差」
●【ホンダF1】田辺TD「PUはトラブルなく通常通りプログラムを消化。明日は雨予報」
●【トロロッソ・ホンダ】PUに負担の大きいホッケンハイムでプログラムを順調に消化

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック