ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン】アロンソとはシーズン中盤に契約延長交渉を予定

2018年05月16日(水)16:44 pm

マクラーレンではフェルナンド・アロンソと2019年の契約についてシーズン中盤に話し合いを持つ計画をしているようだ。

■今季限りでのF1引退もうわさされるアロンソ

最近、アロンソに関しては今季いっぱいでF1を引退するかもしれないとのうわさが報じられていた。近年世界3大自動車レースの制覇を目標に掲げているアロンソだが、すでにそのひとつであるF1モナコGPはルノー在籍時の2006年とマクラーレン在籍時の2007年にすでに2度勝利を飾っており、今後はインディ500とル・マン24時間レースでの勝利を目指すことになる。

昨年はモナコGPを欠場して同じ週末に行われたインディ500に初挑戦したアロンソだったが、惜しくも終盤にエンジントラブルによるリタイアとなっていた。そして今年はF1とかけもちでル・マン24時間レースを擁するWEC(世界耐久選手権)にトヨタチームからフル参戦することになっている。

うわさでは、すでに36歳となったアロンソはインディ500制覇に焦点を合わせるためF1を今季限りで引退し、来季はインディカーに注力するのではないかとも言われている。

■来季以降も残留を望むマクラーレン

だが、マクラーレンを率いるチームCEOのザック・ブラウンはスペインの『AS』紙に対し、来季以降もアロンソがチームにとどまってくれることを希望していると次のように語った。

「我々はこの先何年も彼にここ(F1)で続けて欲しいと思っているし、マクラーレンで続けて欲しいと思っている」

「F1は彼の情熱の対象だ。だが、彼はすでに長期間F1をやってきたし、あらゆることを達成してきている。だからどうなるか様子を見よう」

「しかし、彼はマクラーレンや我々が行っている仕事のすべてを愛している。私は彼がほかのチームにいたらこれほど満足できたとは思っていないよ」

■アロンソとの交渉はシーズン中盤

「我々は今年の中盤に話し合いを行うことになる。彼はクルマの開発状況や我々が持ち込むことになる改良パーツなどを検討材料にすることになるだろう」

そう語ったブラウンは次のように付け加えた。

「だが、私はフェルナンドの心はF1に、そしてマクラーレンにあると思っている。彼は勝利を求めているんだ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック