ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ジェームズ・キー「サーキット、寒さ、風に苦戦。気温が上がれば結果は良くなる」

2018年04月15日(日)6:20 am

トロロッソ・ホンダのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーが、F1第3戦中国GP予選を次のように振り返った。

●【画像:予選結果】2018年F1第3戦中国GP予選Q1-Q2-Q3のタイム、周回数

■ジェームズ・キー(スクーデリア・トロロッソ・テクニカルディレクター)

「想定していたよりも厳しい週末になりました。このサーキットと私たちのマシンの相性はあまりよくないのかもしれませんが、明日は今日よりもいいパフォーマンスをしたいと思っています。

寒さと風は私たちにとってはマイナスのようです。このコンディションの中で我々はマシンのセットアップに苦戦していますが、どのチームにとっても条件は同じです。

特にピエールは終日マシンの扱いに苦労していましたし、昨日の方がマシンのバランスがよく、競争力があったと感じています。これから分析を行い、今日の予選でQ1敗退となってしまった原因を突き止めなければなりません。

ブレンドンはラップタイムを徐々に上げながら、Q2進出を果たしましたが、我々が望んだほどの結果ではありませんでした。

今日の結果を受け止めて、気温が上がる明日はもっといい結果を出せればと思っています。全体的には不満の残る予選結果でしたし、今日うまくいかなかった原因を突き止める必要があります」。

●【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「寒さと風で戦況が変わる。ポイントは狙えるしポジティブだよ」
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「昨日はフロント、今日はリア。苦労したけどロングランは良い」
●【ホンダF1】「チームとしては残念だがPUは順調」
●【予選レポート】ベッテルが大逆転ポール!ホンダ勢は15番手に沈む/F1中国GP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック