ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【F1テスト2・3日目スピードトラップ】最速パワーユニットはどこだ?ホンダの速さは?

2018年03月09日(金)8:27 am

スペイン・バルセロナサーキットでの第2回プレシーズンテスト3日目が行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1分17秒台に突入するコースレコードを記録した。

●【トロロッソ・ホンダ】ジェームズ・キー「現PUルールでチーム最長記録を走行、様々なテストができた」(高解像度画像)

■スピードトラップで最高速は?

この日のスピードトラップが公開され、最も速い速度を記録したのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)の332.3KPHだった。メルセデスAMGはミディアムタイヤでロングランテストを行っており、最速タイムはフェラーリに譲ったものの、レースに向けて仕上がりは十分のようだ。

上位をメルセデス勢、フェラーリ勢が占める中、ルノーのパワーユニットを使うレッドブルが5番手に入っている。

トロロッソ・ホンダはわずか8KPH遅れての8番手だった。

■【F1テスト3・3日目スピードトラップ】

P ドライバー チーム PU KPH
1 ボッタス メルセデス メルセデス 332.3
2 ペレス Fインディア メルセデス 330.2 -2.1
3 ベッテル フェラーリ フェラーリ 327.2 -5.1
4 クビサ ウィリアムズ メルセデス 327.2 -5.1
5 フェルスタッペン レッドブル タグホイヤー 327.2 -5.1
6 エリクソン ザウバー フェラーリ 326.2 -6.1
7 マグヌッセン ハース フェラーリ 324.3 -8.0
8 ガスリー トロロッソ ホンダ 324.3 -8.0
9 ハミルトン メルセデス メルセデス 324.3 -8.0
10 ヒュルケンベルグ ルノー ルノー 323.3 -9.0
11 サインツ ルノー ルノー 316.7 -15.6
12 バンドーン マクラーレン ルノー 315.7 -16.6
13 ストロール ウィリアムズ メルセデス 315.7 -16.6

●【F1テスト2・3日目タイム結果】フェラーリ17秒台で最多周回、ホンダ3番手タイムで信頼性十分
●【トロロッソ・ホンダ】ジェームズ・キー「現PUルールでチーム最長記録を走行、様々なテストができた」(高解像度画像)
●【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「3番手タイムに満足。目標より多く走ってデータは十分」
●【ホンダF1】「PUは信頼性も問題なしでレース仕様も順調、シャシーとの熟成進んだ」(高画質画像)

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック