ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「感慨深い3年間“最後の”マクラーレン・ホンダで実力を出し切った。PUは進歩」

2017年11月27日(月)15:55 pm

F1最終戦アブダビGP決勝レースを終え、ホンダの長谷川 祐介(ホンダF1プロジェクト総責任者)はレースと、この3年間を振り返った。

●【決勝レース結果】F1アブダビGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数

■長谷川 祐介(ホンダF1プロジェクト総責任者)

「2017年、そしてマクラーレン・ホンダとしての最後のレースとなった今日のアブダビGPの決勝は、チームの全員にとって感慨深いものでしたが、今出せる実力を出しきり、2台ともが完走した上でポイント獲得というかたちで締めくくれたことは本当によかったと思います。

フェルナンドはいいスタートを決めたあと、前を走るマッサを果敢に追い立て、ピット戦略も活用しながらオーバーテイクを決めるなど、すばらしいパフォーマンスをみせてくれました。

ポイント獲得には至りませんでしたが、ストフェルも最後までプッシュした走りをみせてくれました。改めて、両ドライバーともにシーズンを通して、どんなときもあきらめない走りをみせてくれたことを誇りに思います。

PU(パワーユニット)としては、シーズン開始時は難しいスタートであったものの、終盤に来て安定した走りを披露できるようになっており、ここまでリカバリーできたという点は、一つの結果として前向きに捉えています。

この3年間は間違いなく、非常に難しくチャレンジングなシーズンではありましたが、いつでもすばらしい仕事をしてくれたドライバー並びにチームメンバーや関係者に対して感謝を、マクラーレン・ホンダを応援してくれたすべてのファンの皆さん、そしてマクラーレンに対して、感謝を申し上げます。

我々はここから2018年シーズンに向けた開発に集中していくことになりますが、いいかたちでウインターテストを迎えられるよう、冬季の開発に全力で取り組みます。

最後になりますが、来年からは我々のライバルとなるマクラーレンに対し、彼らのさらなる成功を願っています」。

●【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「ホンダに感謝。3年間に悔いなし。最後は最も強力な関係だった」
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「厳しい1年、厳しい3年だったけど僕の誇りだ・・・ホンダの幸運を祈る」
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「まるでラリーカーのように滑っていた!浮き沈みの多い一年だったね」
●【マクラーレン・ホンダ】最終戦で2ポイント獲得、一年をいいかたちで締めくくる

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック