ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画】F1ブラジルGP決勝レース ハイライト映像

2017年11月13日(月)12:54 pm

F1ブラジルGPの決勝レースは、2番手からスタートしたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が1周目の1コーナーでトップを奪うと、そのままバルテリ・ボッタス(メルセデス)との距離を保って優勝した。

●【決勝タイム結果】F1第19戦ブラジルGP、タイム差、周回数、ピット回数

1周目の1コーナーに続く連続S字コーナー(エス・ド・セナ)で3台が絡むクラッシュが発生した。ダニエル・リカルド(レッドブル)とケビン・マグヌッセン(ハース)に挟まれたストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)が行き場を失い、マシンを壊してリタイア。接触したマグヌッセンもリタイアとなった。

その後、エステバン・オコン(フォース・インディア)とロマン・グロージャン(ハース)が接触。オコンは右リヤタイヤがパンク、さらにサスペンションにもダメージを負ってしまいクルマを止めた。これでF1デビューからの27戦連続完走記録が途絶えた。

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、最後の母国GPとなるフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)を追いつめるもストレートで引き離される展開が続き、最後まで攻略できなかった。

●F1ブラジルGP決勝レース ハイライト映像(6:23)[F1.comへ]

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「スピードが不足しマッサを抜けなかった。最後は順位を守れてホッとした」
●【ホンダF1】「アロンソがすばらしいバトル。次のマクラーレン・ホンダとしての最終戦を飾りたい」
●【マクラーレン・ホンダ】負けん気の強いアロンソは攻め続け、まるで予選のような走りだった
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「力強いスタートだったが、行き場を失った」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック