ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【動画】アロンソ7番手!タイヤ破裂、消火器破裂・・・コースレコード更新/F1メキシコGP FP2ハイライト映像

2017年10月28日(土)7:01 am

F1メキシコGP、金曜日フリー走行2回目のハイライト映像が公開された。

●【P2タイム結果】F1メキシコGPフリー走行2回目、タイム差、周回数

■グロージャン、タイヤ破裂

セッション開始早々、FP1を新人にシートを譲っていたロマン・グロージャン(ハース)が最終コーナーでスピン、コースアウト。そのままコースに戻ったものの、デブリ(破片)を拾ったようでストレート上でタイヤバーストしてしまう。ホームストレート上に自らデブリをまき散らしてしまい、コース清掃のため赤旗中断となってしまった。

■前途多難

フリー走行1回目、データに異常が見つかったとして3周しか走行出来なかったストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)だが、フリー走行2回目でもトラブルが起こった。

「クルマが横に行っちゃうよ」

ピットレーン出口でストップしたストフェル・バンドーンは、スタッフに押し戻された。どうやらホイールの緩みだったようだ。

■エンジンに問題?

3番手タイムを出したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)だが、無線で不調を訴えている。

「エンジン回転数が上がると何か変な感じがする」。

■ベッテル、消火器破裂

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は消火器が破裂するという珍しいトラブルが発生した。

「何かが破裂したよ。あぁー...酸のようだ」

「たぶん、消火器だと思う。分からないけど」

スローダウンしてピットに戻ってきたベッテルのお尻には白い粉と液体が染みているのが映像でも映し出された。

コースレコードを更新してトップタイムを記録したのは、ダニエル・リカルド(レッドブル)。メキシコでは間もなく「死者の日」ということもあり、リカルドはスペシャルヘルメットで臨んでいる。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は予選に向けてクルマとタイヤの限界を掴むためスピンするシーンも見られた。

フェルナンド・アロンソは7番手で好調をキープしたまま初日を終えた。

●【動画】アロンソ7番手!タイヤ破裂、消火器破裂・・・コースレコード更新/F1メキシコGPフリー走行2回目(1:34)[F1.comへ]

●【P2レポート】ホンダPUのアロンソが3強チームに次ぐ7番手 トップはレッドブル/F1メキシコGP
●【クラッシュ動画】セリス、最終コーナー手前で「大きなダメージ」心配するオコン
●【動画】F1王者たちもスピン、コースアウト。アロンソは8番手で好調/F1メキシコGPフリー走行1回目
●【P1レポート】メルセデス好調 マクラーレン・ホンダは8番手スタート/F1メキシコGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック