ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【P2レポート】ホンダPUのアロンソが3強チームに次ぐ7番手 トップはレッドブル/F1メキシコGP

2017年10月28日(土)6:01 am

2017年F1第18戦メキシコGPが10月27日(金)、エルマノス・ロドリゲス・サーキット(1周4.304km)で開幕。現地時間14時(日本時間28日午前4時)から行われたフリー走行2回目でレッドブルのダニエル・リカルドがトップに立った。

●【P2タイム結果】F1メキシコGPフリー走行2回目、タイム差、周回数

セッションが開始されて4分ほどが経過したところでハースのロマン・グロージャンが最終コーナーでスピン。グロージャンは縁石に乗り上げたところでタイヤにダメージを負ってしまう。

そのまま走行を続けたグロージャンだが、左リアタイヤがバーストしてしまい、それが原因となってフロアにダメージを負ってしまう。これによりグロージャンのクルマの破片がコース上に散らばり、セッションは赤旗中断となってしまう。

グロージャンは何とかピットまでたどり着いたものの、マシンにはフロア交換作業が必要となり、わずか3周でセッションを終えることになってしまった。

約8分後にセッションが再開されると、ドライバーたちがコースに入り周回を開始していく。そんな中、タイトル獲得に王手をかけたメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがターン11の立ち上がりでコントロールを失ってスピンする光景も見られた。

セッション開始から23分ほどが経過したところでフェラーリのセバスチャン・ベッテルが異常を訴えてピットに戻ってくる。どうやらクルマに備え付けられた消火器が誤作動したようで、フェラーリではベッテルのクルマの消火器付け替え作業を強いられるという珍しい光景も展開された。

セッション序盤はレッドブルのダニエル・リカルドがトップ、チームメートのマックス・フェルスタッペンが2番手で続く展開となった。

その後、各ドライバーが予選シミュレーションを開始。ハミルトンがいったんトップタイムを刻むが、その後リカルドがこのセッションでの最速タイムとなる1分17秒801を刻んで再びトップに躍り出る。

午前中に行われたフリー1でトップタイムを刻んだバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)は、このセッションではあまりタイムを縮めることができない。

セッション後半には各チームともにロングランプログラムに移行。ここではやはりメルセデスAMGがいいペースを示し、ライバルたちよりもうまくタイヤマネジメントができることをアピール。奇跡の逆転を期待するフェラーリのベッテルに逆にプレッシャーをかける展開となる。

結局セッションはリカルドがトップのままで終了時刻を迎えるが、予選や決勝ではハミルトンが強さを発揮するだろうという予感を十分に感じさせるセッションとなった。

決勝ではフェルナンド・アロンソが合計20グリッド、ストフェル・バンドーンが同じく35グリッドの降格ペナルティーを受けることが確定しているマクラーレン・ホンダだが、このセッションではアロンソが3強チームに次ぐ7番手の位置を確保。フリー1はトラブルでタイムを刻むことができなかったバンドーンもこのセッションでは32周を周回して15番手タイムを刻んでいる。

■フリー走行2回目トップ10ドライバー

トップ/ダニエル・リカルド(レッドブル) 1:17.801
2番手/ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG) 1:17.932
3番手/マックス・フェルスタッペン(レッドブル) 1:17.964
4番手/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 1:18.051
5番手/キミ・ライコネン(フェラーリ) 1:18.142
6番手/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG) 1:18.299
7番手/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン) 1:18.508
8番手/セルジオ・ペレス(フォース・インディア) 1:18.728
9番手/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) 1:18.775
10番手/エステバン・オコン(フォース・インディア) 1:18.822

F1メキシコGPフリー走行3回目は、日本時間29日午前0時から始まる。

●【動画】アロンソ7番手!タイヤ破裂、消火器破裂・・・コースレコード更新/F1メキシコGP FP2ハイライト映像
●【クラッシュ動画】セリス、最終コーナー手前で「大きなダメージ」心配するオコン
●【動画】F1王者たちもスピン、コースアウト。アロンソは8番手で好調/F1メキシコGPフリー走行1回目
●【P1レポート】メルセデス好調 マクラーレン・ホンダは8番手スタート/F1メキシコGP

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック