NEXT...F1開催スケジュール

マルドナード「フェルスタッペンと僕を比べるのは不適切」

2018年05月10日(木)18:04 pm

元F1ドライバーのパストール・マルドナードが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)と自分を比較するのは間違いだと語った。

2011年にF1デビューを飾り、ウィリアムズとロータスで5年間のF1生活を送ったベネズエラ出身のマルドナードだが、PDVSA(ベネズエラ国営石油会社)からのスポンサーシップを失ったことにより2015年シーズン限りでシートを喪失している。

今年WEC(世界耐久選手権)でレースの世界に戻ってきた33歳のマルドナードはベルギーの『La Derniere Heure(デルニエール・ウール)』に対し、F1に復帰できる見込みはないと次のように語った。

「スポンサーは全然ついていないし、母国からの以前のような財政的支援もないんだ」

「僕の同胞たちの状況は厳しいからね。だけどベネズエラの風土からすれば、今後はよくなるだけだよ」

そのマルドナードにはF1時代に“クラッシャー”というニックネームがつけられていた。かなり強気の走りをすることからクラッシュを演じることが少なくなかったからだ。

中には、非常にアグレッシブなドライビングスタイルで知られ、今年も第4戦アゼルバイジャンGPでチームメートのダニエル・リカルドと大きなクラッシュを演じてしまったレッドブルのマックス・フェルスタッペンとマルドナードが似ていると考えている者もいるようだ。

だが、その話題を振られた2012年のF1スペインGP勝者であるマルドナードは、「マックスは素晴らしいドライバーだよ。だけど、彼はまだすごく若い。だから彼がまだミスを犯すのは当然のことなんだ」と答え、次のように付け加えた。

「彼には経験を積み重ねていくことが必要だね。だけど、彼と僕を比べるのは不適切だよ」

前後の記事