ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ショーン・ゲラエル「今年もトロロッソ・ホンダのテストドライバーを務める」

2018年01月10日(水)16:18 pm

インドネシア人ドライバーのショーン・ゲラエルが、2018年もトロロッソのテストドライバーを続けることになると語った。

インドネシアでKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)のフランチャイズを展開する富豪の父親を持つゲラエルは、2017年にはF2選手権に参戦するかたわらトロロッソのテストドライバーとしてシーズン内テストを担当したほか、4回ほど金曜フリー走行にも出走していた。

■トロロッソに加わったことで人生が変わった

21歳のゲラエルは、これから迎える2018年シーズンに向けて『Italiaracing(イタリアレーシング)』に次のように語った。

「トロロッソと仕事をしたことで僕の人生は完全に変わったよ」

「今年も、僕はまた彼らと一緒にやることになる。僕たちの目標はアブダビでのテスト(2017年F1シーズン後公式テスト)で決めたことを続けていくことさ」

昨年F2では年間ランキング15位とさほどふるわなかったゲラエルだが、2018年も引き続きF2にも挑戦するつもりだと次のように続けた。

「F2でも今シーズンはうまくやってスーパーライセンス取得のためのポイントを稼ぎたいと望んでいる。そして金曜フリー走行に出るチャンスも何度か得たいね」

■ジョビナッツィがフルタイムドライバーになれないのはおかしい

一方、ゲラエルは友人であるアントニオ・ジョビナッツィが2018年にF1シートを獲得できなかったのは残念だとのコメントも行っている。

フェラーリの育成ドライバーである24歳のジョビナッツィは、フェラーリからPU(パワーユニット)供給を受けているハースもしくはザウバーのシートが獲得できるのではないかと言われていた。だが、最終的にはフルタイムドライバーとなることはできず、2018年はザウバーの控えドライバーを務めることになっている。

ゲラエルは、そのジョビナッツィについて次のように語った。

「彼はすでに今季シートを得るにふさわしかったんだ。だから、あれほどのドライバーがもし来年もその目標を達成できないようなことになれば、このシステムは何かがおかしいということになると思うよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック