ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

リバティ・メディアの新エンジン案では独立系メーカーの新規参入は困難

2017年11月22日(水)16:58 pm

ルノーF1を率いるマネジングディレクターのシリル・アビテブールが、F1オーナーとなったリバティ・メディアが提示した2021年以降のF1エンジンコンセプトは、F1参入を検討している独立系エンジンメーカーにとって魅力的なものではないはずだと語った。

F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)が発表したリバティ・メディア主導による2021年以降のF1エンジンルール案だが、そもそもこの新ルールの目的のひとつに、コスワースやイルモアなどの独立系エンジンメーカーの新規F1参入を促進するということがうたわれている。

だが、アビテブールは、その計画はうまくいかないだろうとドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に次のように語った。

「もしFIAとリバティがほとんどのエリアにおいて標準テクノロジーの使用もしくは大きな制限を行うことを求めるエンジンを提案しなければ、プライベート(独立系)メーカーは参入などできないよ」

「そしてそういうビジネスプランは、メーカーがスポンサーや自動車会社からの支援を受けられて初めてうまく機能するものなんだ」

「しかし、そういうエンジンは自動車会社からすれば魅力に欠けるものだろうね」

そう主張したアビテブールは、次のように付け加えた。

「だから、私はFIAとリバティに対し、彼らがこのエンジン規則で誰の味方をしたいのかを尋ねたいね。もしそれが新たな自動車会社だというのなら、彼らが本当はどうしたいのか聞いてみようよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック