ホンダ勝てば「マクラーレンは愚か」

アストンマーティンがレッドブルのタイトルスポンサーに?

2017年09月19日(火)16:42 pm

2018年からアストンマーティンがレッドブルのタイトルスポンサーになるようだと報じられている。

現在、レッドブルではルノーから供給を受けているパワーユニットにタグ・ホイヤーというブランド名を施していることは知られているが、イギリスの名門自動車会社であるアストンマーティンもスポンサーについている。

そして先週末にF1シンガポールGPが開催されたマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットにはアストンマーティンの経営責任者であるアンディ・パーマーの姿があった。

レッドブルに関しては、新たなエンジンレギュレーションが導入される2021年以降ポルシェのワークスチームになるのではないかとのうわさもささやかれている。

■アストンマーティンとの関係強化を示唆するレッドブル

だが、この件について質問を受けたレッドブルのクリスチャン・ホーナー(チーム代表)は、シンガポールで次のように答えていた。

「我々にはすでにF1エンジンを製造していないOEMとの関係がある」

ホーナーが言及したOEM(オリジナル・イクイップメント・マニュファクチャラー)がアストンマーティンのことを指しているのは明らかだ。

さらに、アストンマーティンがレッドブルのためにF1エンジンを製造する可能性もあるかと尋ねられたホーナーは次のように語った。

「現在、彼らにはそれはできない。2021年には可能となるだろうがね」

■F1本格参入に意欲を示すアストンマーティン

パーマーも2021年以降のF1エンジン開発に取り組む可能性を認め、次のように語っている。

「我々は2021年のエンジンについて研究しているところだ。コストダウンが図られ、理にかなったレギュレーションとなれば、アストンも参入したいと思う」

そしてそのアストンマーティンが2018年からレッドブルのタイトルスポンサーとなることで、F1との関係をさらに強めていくことになるようだとうわさされている。

ホーナーはそれを示唆するように、「我々のアストンマーティンとの関係は強化され続けているし、これに関してはさらに大きな発展があるだろう」と語っており、パーマーも次のように語っている。

「来シーズンはもう少し関係を深めたいし、それを継続していきたいと思っている」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック