ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「今日もイライラする一日だった。予選はPUの信頼性次第」

2017年06月10日(土)18:07 pm

マクラーレン・ホンダは、F1カナダGP初日をフェルナンド・アロンソが7番手、ストフェル・バンドーンが19番手で終え、レーシングディレクターのエリック・ブーリエが次のように振り返った。

●【マクラーレン・ホンダ】9月までに勝てればチームに残るというアロンソ、加入を歓迎するヒュルケンベルグ

■エリック・ブーリエ(マクラーレン・ホンダ、レーシングディレクター)

「今日もまた、我々にとってフラストレーションのたまる一日だった。フェルナンドのマシンには油圧系の不具合、ストフェルにはMGU-Hの問題が発生したため、思うようにセッションを進めることができなかった。

それでも両ドライバーは、マシンのバランスと感触にはそこそこ満足しており、フェルナンドはFP2の終盤に非常にすばらしいラップを走行した。

明日、また新たな一日を迎える。PUの信頼性が確保できれば、予選に向けて満足のいく準備ができるはずだ」

●【マクラーレン・ホンダ】2台のホンダPU、油圧系とMGU-Hに問題
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「目標は予選Q3進出。バルセロナの再現を」/F1カナダGP初日
●【マクラーレン・ホンダ】バンドーン「クルマはまずまず、MGU-Hの不具合で終了した」/F1カナダGP初日
●【ホンダF1】「2台とも難しいスタートになった」/F1カナダGP初日

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック