ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【予選Q2速報】マクラーレン・ホンダ2台Q3進出もクラッシュ!ハミルトンQ2落ちの波乱!/F1モナコGP

2017年05月27日(土)21:42 pm

27日(土)、F1モナコGP予選Q2が終了し、マクラーレン・ホンダの2台ともにQ3へ進出した。

●【予選タイム結果・写真】2017年F1第6戦モナコGP予選、Q1-Q2-Q3タイム、周回数

マクラーレン・ホンダ勢は、ストフェル・バンドーンが7番手、ジェンソン・バトンは10番手で2台そろってQ3進出を果たした。

しかし、残りわずかとなったQ2で、各ドライバーが最終アタックをしているところでストフェル・バンドーンがプールシケイン出口でクラッシュ。先ほどのエステバン・オコン(フォース・インディア)と同じ場所だ。これでイエローフラッグが出て、予選アタックは全車終了となった。

この影響を受けたのはルイス・ハミルトン(メルセデス)。タイムを出せていなかったハミルトンは、最後のアタックでQ3進出のためにアタックしていた最中だったが、このバンドーンのクラッシュの影響を受けてタイムを伸ばすことができず予選Q2落ちとなった。

ハミルトンは右手を上げて怒りを表していたのは当然だが、ここはモナコだ。トラフィックを避けて早めにタイムを出さなければならない。

■【F1モナコGP予選Q2落ち】
11 ダニール・クビアト(トロロッソ)
12 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
13 ケビン・マグヌッセン(ハース)
14 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
15 フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)

●【予選タイム結果・写真】2017年F1第6戦モナコGP予選、Q1-Q2-Q3タイム、周回数
●【動画】ストフェル・バンドーン、予選Q3進出決めるもQ2でクラッシュ/F1モナコGP
●【動画】エステバン・オコン、プールシケイン出口でクラッシュ
●【マクラーレン・ホンダ】ホンダのやり方を理解するのは「極めて困難」とブーリエ

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック