ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【ホンダF1】「速さはあったもののポイント獲得ならず・・・残念」モナコGPは大きなチャンス

2017年05月15日(月)8:06 am

マクラーレン・ホンダは、バルセロナ・カタルニア・サーキットで開催された今季初のヨーロッパ戦にアップデートを持ち込んだものの、レースでそれを活かすことができなかった。

●【ファステストラップ】アロンソ最速タイム4位!ハミルトンとわずか0.3秒差/F1スペインGP

■長谷川 祐介 株式会社本田技術研究所 主席研究員 F1プロジェクト総責任者

「昨日の予選はフェルナンドのすばらしいパフォーマンスによりいい結果となりましたが、そこからすると今日のレースはチームの全員にとって残念なものになりました。

フェルナンドは1周目の不運なアクシデントにもかかわらず、今日もいいレースを見せてくれました。どのような状況でもあきらめず、前を走るマシンを懸命に追いながらいいペースで走ってくれましたが、予選で獲得したグリッドのはるか後方からレースを続けなければいけなかったことは、彼のレースを難しいものにしました。今日は十分にポイントを獲得できる速さがあったと思いますが、結果的にポイント獲得に至らなかったことは非常に残念でした。

この週末はストフェルにとっては厳しいものになりました。最後尾からレースを始めることになり、レース中盤でのリタイアという結果に終わりました。彼は今、難しい状況にいると思いますが、この状態からばん回するために一緒にチャレンジを続けていきたいと思います。

次戦のモナコGPも、我々にとっては大きなチャンスになると考えています。ドライバーのスキルも重要になりますが、ジェンソンとストフェルがすばらしいパフォーマンスを見せてくれると思っています。レースに対しては万全の準備をして臨みますし、同時にさらなる競争力をつけるためにマクラーレンと一緒に開発も継続していきたいと思います」

■マクラーレン・ホンダ
●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「不運だったけどポイント獲得は難しかった。インディに集中する」
●【マクラーレン・ホンダ】接触したバンドーン「まさかマッサがいるとは・・・クルマは改善しているがレースでは苦労した」
●【マクラーレン・ホンダ】アップデートを持ち込むも、レースで活かせず
●【マクラーレン・ホンダ】ブーリエ「シャシーはドライバーが心から信頼できることは明らかだ」

■F1スペインGP
●【セクター最速タイム】アロンソ、セクター3で3番手タイム!全セクター6位以上を記録/F1スペインGP
●【セクタースピード】アロンソ、セクター2で2位!全セクター5位以上/F1スペインGP
●【スピード測定】アロンソ&ホンダ、スピードトラップで9番目!悪夢の冬季テストから2ヶ月で見違える速さ/F1スペインGP
●【ファステストラップ】アロンソ最速タイム4位!ハミルトンとわずか0.3秒差/F1スペインGP

●【決勝タイム結果】2017年F1第5戦スペインGP決勝レース、タイム差、周回数、ピット回数
●【ポイントランキング】マクラーレン・ホンダ、単独最下位の厳しい現実/F1スペインGP終了後
●【動画】ライコネンとフェルスタッペン、1コーナーで接触してリタイア/F1スペインGP
●【動画】ライコネンがリタイアしてスタンドで大泣きの少年、ライコネンとともに満面の笑み

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック