バーニー、マクラーレンを批判

【マクラーレン・ホンダ】バトン最後の予選「楽しい一日だった。ポイント獲得は間違いない」

2016年11月27日(日)3:23 am

マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた2016年F1最終戦(第21戦)アブダビGP2日目を終えて次のようにコメントした。

●【予選タイム結果】第20戦F1アブダビGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

■ジェンソン・バトン
MP4-31-03
FP3/13番手 1:42.664 (+1.889秒差) 15周
Q1/10番手 1:41.158 (ウルトラソフト)
Q2/12番手 1:41.272 (ウルトラソフト)

「今晩はとても楽しい一日だった。楽しかったよ。

路面温度が下がるにつれて、もっとフロントエンドのグリップ向上とクルマのバランスを取る必要があったけど、クルマには調整の余地が残っていなかったから、結果としてアンダーステアが出て少しタイムを失ってしまった。

ただ、僕たちは新しいタイヤで走ることができるから、予選12番手は明日のために悪いポジションではない。このタイヤレギュレーションでは、レース戦略を最大限に引き出すためにトップ10圏外からスタートした方が良い場合があるんだ。今日良い予選をするよりも、むしろ、明日良いレースをしたい。

ここではとのタイヤコンパウンドも長く持たないから、明日何が起こるか見るのが面白いだろうね。ポイント獲得は間違いないね」

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「最大限の予選結果に満足。最終レースを楽しんでポイントを」
●【ホンダF1】「予選を最大限に生かせた。シーズン最後のレースへ」
●【マクラーレン・ホンダ】「2人のドライバーが良い仕事をした。ポイントを目指せる」
●【動画】ハミルトン、タイトル決定戦でポールを勝ち取る/F1最終戦アブダビGP予選ハイライト映像

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック