バーニー、マクラーレンを批判

【ホンダF1】「予選を最大限に生かせた。シーズン最後のレースへ」

2016年11月27日(日)1:58 am

ホンダF1プロジェクト責任者の長谷川祐介が、ヤス・マリーナ・サーキットで行われた2016年F1最終戦(第21戦)アブダビGP2日目を終えて次のようにコメントした。

●【予選タイム結果】第20戦F1アブダビGPのQ1-Q2-Q3タイム、周回数

■長谷川祐介(ホンダF1プロジェクト責任者)

「マクラーレン・ホンダは、フェルナンドがQ3へ進み9番手で終え、ジェンソンは明日のレースをフレッシュなタイヤでスタートできる良いポジションの12番手で終えることができ、今日、2016年シーズン最後の予選セッションを最大限に活用することができました。

どちらのドライバーも、それぞれのセッションでのマシンバランスとパフォーマンス、ラップタイムに満足していましたし、明日のレースが楽しみです。これはチームにとって非常に勇気づけられました。

午後のフリー走行3回目は忙しいセッションでしたし、チームは素晴らしいプロの仕事をして予選に向けてクルマをセットアップしました。

レースペースはここでも良いと思うので、明日のシーズン最後の決勝レースがうまくいくことを願っています」

●【マクラーレン・ホンダ】アロンソ「最大限の予選結果に満足。最終レースを楽しんでポイントを」
●【マクラーレン・ホンダ】バトン最後の予選「楽しい一日だった。ポイント獲得は間違いない」
●【マクラーレン・ホンダ】「2人のドライバーが良い仕事をした。ポイントを目指せる」
●【動画】ハミルトン、タイトル決定戦でポールを勝ち取る/F1最終戦アブダビGP予選ハイライト映像

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック