ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

「グティエレスにはもっと期待していた」とハースのボス

2016年10月25日(火)16:57 pm

今季からF1挑戦を始めたハースのチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーが、ナンバー2ドライバーを務めるエステバン・グティエレスにはもっと多くを期待していたと認めた。

■いまだにノーポイントのグティエレス

2014年までザウバーに所属していたグティエレスは、昨年はイタリアの名門フェラーリの控えドライバーを務めていた。そして、そのフェラーリと技術提携契約を結んで今季F1参戦を開始したハースから、ナンバー1ドライバーであるロマン・グロージャンのチームメートとして2年ぶりにF1グリッドにカムバックを果たした。

だが、今季ここまでの18戦でグロージャンが合計29ポイントを稼ぎ出しているのに対し、グティエレスはいまだに1ポイントも獲得することができていない。

■グティエレスのチャンスはあと数戦

シュタイナーは、F1アメリカGPが開催されたオースティンで、フィンランドの『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』紙に次のように語った。

「正直に言って、我々が彼と契約を結んだとき、もっと大きな期待をしていたのは確かだ」

「彼が多くの不運に見舞われたというのは事実だ。特にシーズン序盤にね。グロージャンがポイントを獲得する一方で、彼(グティエレス)は技術的トラブルを抱えてしまった。それは彼のミスではなかった」

「だが、シーズン後半に入ってからはポイントが取れるチャンスがたくさんあったのも事実だ。だから、我々としても彼が自分の力を示すためのチャンスとしてあと数レースを与えることになる」

■マグヌッセンやナッセがハースと交渉か

トラブルによりシーズン前半をうまく乗り切ることができなかったグティエレスだが、その後速さも見せるようになっており、シーズン後半に入ってからの6レースでは予選でグロージャンに対して3勝3敗の五分に持ち込んでいる。だが、決勝では10位以内に残る走りを見せることができていないのが現状だ。

『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』は、ケビン・マグヌッセン(ルノー)やフェリペ・ナッセ(ザウバー)などがグティエレスのシートを狙っていると書いている。もしこのまま最後までポイントが獲得できないようであれば25歳のグティエレスが再びシートを失う可能性も高くなってきそうだ。

●【動画】フェラーリ、右リアタイヤ締め忘れ・・・ライコネン怒る/F1アメリカGP
● 【決勝スピード】アロンソ、3番目の速さ/F1アメリカGP
●【レース結果】F1第17戦アメリカGP、タイム差、周、ピット回数
●【動画】審議対象となったアロンソとマッサの接触 アロンソ鋭いアタック/F1アメリカGP
●フェラーリにチーム代表交代のうわさが再燃 マクラーレンのブーリエの名前も

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック