バーニー、マクラーレンを批判

【画像】ハローをドライバー目線で見るとこんな視界

2016年03月03日(木)21:14 pm

1日(火)、バルセロナで今季2回目のシーズン前テスト3日目を迎え、セッション開始とほぼ同時にフェラーリのキミ・ライコネンが、2017年からの導入が検討されているドライバー頭部保護装置「halo(ハロー)」の試作品を2016年型車SF16-Hに装着してテスト走行を行った。

●ドライバーは賛否両論「視界は悪くなかった」「見た目は史上最悪だ」

世界中のメディアが注目したこの「halo(ハロー)」の実装テスト。ちなみに「Hello(こんにちは)」ではなく「halo(後光)」という意味だ。

気になるのは、結構太いカーボンで覆われたその外観だけではなく、ドライバー目線。あれだけ外観で目立つハローは、本当に視界の邪魔にならないのだろうか?

実際のドライバー目線の画像を見た人はどう感じるだろうか。

■ドライバー目線はこんな感じらしい

■関連:
■【画像】FIA、頭部保護「ハロー」のテスト状況を紹介

■初めてハロー式保護装置で走行したライコネンの反応は

■【画像】フェラーリ、頭部保護装置「halo」試作品をテスト

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック