ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【F1】2021年から18インチホイールに変更か

2018年07月22日(日)13:54 pm

2021年からF1タイヤのホイールサイズが現行の13インチから18インチに変更されることになりそうだ。

現在はイタリアのピレリがF1公式タイヤサプライヤーを務めているが、現行契約は2019年までとなっている。

そして最近、F1統括団体であるFIA(国際自動車連盟)は、2020年から2023年までの4年間にわたるF1公式タイヤサプライヤーを募集するための入札要項を発表したが、その中に2020年までは現行の13インチホイールを使用するものの、2021年以降は18インチホイールに対応するタイヤを用意するよう示されているという。

■メーカーにとっては大変な挑戦に

ルノーF1チームのチーフテクノロジーオフィサーを務めるボブ・ベルはこれに関して次のように語った。

「これはタイヤメーカーにとっては最大の挑戦となると思うよ。もしメーカーが変われば、1年の間に2種類の異なるタイヤを開発しなくてはならないからね」

■タイヤウォーマーも禁止に

さらに、新たなルールではこれまで認められていたタイヤウォーマーが禁止されることになるという。

「私はそれには200%賛成だね」

そう語ったザウバーのチーム代表フレデリック・バスールは次のように付け加えた。

「タイヤのブランケットは悪夢だよ。それにF2ではそんなものなくてもとてもうまく対応できているよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック