ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ベッテル「今季のF1タイトルのゆくえはまだ分からない」

2018年07月17日(火)18:11 pm

今季ここまでに171ポイントを稼いでドライバーズランキングのトップに立っているセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だが、8ポイント差で2番手につけている現F1チャンピオンのルイス・ハミルトンやレッドブル勢を甘く見てはならないと語った。

■大事なのは自分たちが成長を続けること

「ルイスは強いよ」

母国ドイツの『Bild(ビルト)』にそう語ったベッテルは次のように付け加えた。

「それにレッドブルのことも完全に忘れてしまうわけにはいかない。僕にとって重要なのは僕たちが常に成長を続けることなんだ。そして僕たちはそうしているよ」

■大事なのは自分たちが成長を続けること

今年はついに自身通算5回目のF1タイトル獲得をフェラーリで実現できそうかと尋ねられたベッテルは次のように答えた。

「どうかな。まだそのことを考えるのは早過ぎるよ」

「だけど、メルセデスが有利だと思われていたところ(イギリスGP/シルバーストン)で勝てたからといって、何も過大評価すべきではないと思っている」

そう語ったベッテルは次のように締めくくっている。

「もし僕たちがライバルたちより1秒も速ければ話は違うかもしれないけれど、そうではない。仕事をやり終えるにはまだもうしばらくかかりそうだよ」

ベッテルにとって2年ぶりのホームレースとなるF1ドイツGPは今週末の22日(日)に決勝が行われる。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック