ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【インディカー】佐藤琢磨、予選7番手 直前のプラクティス3ではトップタイム

2018年07月15日(日)12:38 pm

インディカーシリーズ第12戦ホンダ・インディ・トロントで予選が行われ、佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン/ホンダ)は0.5166差の59.0712秒で7番手だった。今季4回目のポールポジションを獲得したのはジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー/シボレー)。

●【ハイライト動画】佐藤琢磨、0.1秒差で予選7番手

佐藤琢磨は予選前のプラクティス3でトップタイムを刻み、初日から良い流れを作っていたものの、雨が降り徐々に乾いていく難しいコンディションでタイムを伸ばすことができず、0.1秒差で予選Q3進出を逃した。

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック