ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

アロンソ「ホンダに替えてもレッドブルは強いはず」

2018年06月28日(木)18:34 pm

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が、レッドブルはホンダエンジンを搭載しても強さを発揮できるはずだと語った。

2015年に誕生した新生マクラーレン・ホンダのプロジェクトにかけてフェラーリから移籍してきたアロンソだったが、結局3年におよんだホンダとの関係は成果を生むことなく2017年限りで終わりを迎えてしまった。

現在はルノーからPU(パワーユニット)と呼ばれるF1エンジン供給を受けているマクラーレンだが、同じルノーPUを搭載するレッドブルにはまったく太刀打ちできない状況となっている。

だが、そのレッドブルが来季からはホンダPUを搭載することになる。これによって2019年にはF1チームの勢力図がどのように変化するのかはまだ分からないのが実際のところだ。

■2019年のレッドブルも強いはず

だが、アロンソは、来季もレッドブルがF1最高のシャシーメーカーであることに変わりはないだろうと母国スペインの『Marca(マルカ)』に次のように語った。

「(レッドブルは)これまでシャシーに関してはずっと基準となるチームだったし、それはルノーだろうがホンダだろうが関係ないよ。それほど変わるとは思わないな」

■ホンダが進歩したのも確か

また、マクラーレン・レーシングCEOを務めるザック・ブラウンも、ホンダはマクラーレン時代終盤以降かなりの進歩を見せていると認めている。

「ホンダは今年間違いなく前進した。過去3年間からうまく学んだね」

そう語ったブラウンは次のように付け加えた。

「素晴らしい会社だし、もちろん彼らは進歩を遂げたよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック