ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ガスリー「クルマの感触は良い。トップ10争いできる」

2018年06月09日(土)7:01 am

F1第7戦カナダGP初日フリー走行を終え、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが次のように振り返った。

●【画像:FP2結果】2018年F1第7戦カナダGPフリー走行2回目のタイム差、周回数

■ピエール・ガスリー(STR13-05、カーナンバー10)
【フリー走行1回目】ベストラップ 1:15.004、10番手、31周
【フリー走行2回目】ベストラップ 1:14.486、18番手、39周

「モントリオールで新しいトラックを体験するのは素晴らしいことだし、週末はポジティブな出だしだよ。本当に素晴らしくて、エキサイティングでチャレンジングなサーキットだね...ここでの初めての走行を楽しんだよ!

FP1を10番手で終えて良いスタートだったし、セッション開始後の数周からクルマはかなり良い感じだった。午後は暑くなったけど、クルマはまだ良い動きだったよ。

しかしながら、僕はショートランで2つの問題を抱えていたから、マシンが持つ本当の速さを見せられていなかった。ブレンドン(・ハートレイ)がタイムで示したようにトップ10争いができると思う。僕たちは今夜少し仕事をする必要があるけど、クルマの感触はいいから、明日は接戦の末勝てるようにわずかなチューニングを見つけだすだけよ!」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック