ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

ハミルトン「リカルドはこのままレッドブルにとどまった方がいい」

2018年05月29日(火)16:55 pm

ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、先週末に行われたF1モナコGPで優勝を飾ったダニエル・リカルドは来季以降もレッドブルに残留した方がいいと考えている。

リカルドとレッドブルの間に結ばれている現在の契約は今季までとなっている。リカルドは2019年に向けてメルセデスもしくはフェラーリへの移籍を視野に入れているのは間違いなく、レッドブルとの交渉はまだ保留状態となっているようだ。

■リカルドは最高レベルのドライバー

そんな中、モナコGP決勝を終えたハミルトンは次のように語った。

「僕は今日彼(リカルド)とちょっとおしゃべりをしたんだ」

「僕は彼に、彼は素晴らしい仕事をしていると言ったよ。彼のチームメート(マックス・フェルスタッペン)が誰なのか知らない者はいないし、そちらの方が彼よりもいい給料をもらっていることだってみんな知っている。だけど彼(リカルド)の方が安定しているし、クルマを壊すことも少なければ、彼(フェルスタッペン)よりもいいパフォーマンスを発揮している」

「彼は最高レベルのドライバーのひとりだよ。彼には選択肢があるのは確かさ。つまり、レッドブル、メルセデス、フェラーリがね」

■レッドブルがリカルドにふさわしい場所

しかし、リカルドの移籍候補のひとつにあげられているメルセデスに関しては来季もハミルトンとバルテリ・ボッタスのドライバー体制を継続するようだとうわさされている。

ハミルトンもリカルドがメルセデスに移籍する可能性は小さいだろうと語り、次のように続けた。

「フェラーリに関しては、僕はキミ(ライコネン)が残留を望むだろうと思っている。彼は今年よくやっているし、彼が年をとってきたという兆候など何もないからね」

「加えて言えば、現時点ではダニエルがレッドブルにおけるリーダーなんだ。彼にとってはいい場所だよ。どこかの時点で彼らは競争力のあるエンジンを手に入れるだろうし、僕たちとの差ももっと縮めてくるはずだ」

そう語ったハミルトンは次のように付け加えた。

「そうなれば素晴らしいね」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック