ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

【トロロッソ・ホンダ】ハートレー「初めて走るバクー市街地サーキットが楽しみ」

2018年04月25日(水)5:35 am

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが、バクー市街地サーキットで行われる2018年F1第4戦アゼルバイジャンGP(29日決勝)を前に次のようにコメントした。

■ブレンドン・ハートレー

「また別の新しいサーキットに向かうのを楽しみにしているよ。キャリアを通じてどれくらい違うサーキットで走ったのかは覚えていないけれど、新しいサーキットで走るときは常にワクワクするよ」

「ここはすごくユニークだと思う。市街地サーキットだけにミスが許されない本当に興味深いコーナーがあるし、そういうところは大好きなんだ。おそらくほかのドライバーたちもほとんどがそうだろうと思うよ。みんなで同じボートに乗っているわけだからね。シミュレーターでの運転では城のわきを走るところなんかマカオを思い出すね。あそこは僕の大好きなサーキットのひとつなんだ。楽しめるだろうと思うし、今シーズン4回目のレースが本当に楽しみだ」

「シミュレーション作業とは別に過去のレースのビデオも見たし、できる限り学習をしていくつもりだ。だから10周以内でかなりスピードに乗ることができるだろうと思いたいね。シミュレーターで行われる多くの作業は実際にはセットアップを進めるエンジニアたちのためで、ドライバーにかかわる部分は少ないんだ。だけど新しいサーキットに向かうときはドライバーが果たす割合の方が大きくなるから2つの目的にかなうものになるのさ」

「当然ながら、新しいサーキットでは常にあとコンマ数秒を絞り出すために、路面のすべての凹凸、コンディションの変化、風の方向などすべてを実際のサーキットで経験することが必要となる。だけど、これまでに何百ものサーキットで走っていれば、それらの情報を結びつけることもできるし、あるコーナーを自分が走ったことがあるどこかほかのコーナーと比較することもできるんだ。新しいサーキットを学ぶときには経験が多いにものを言うのは明らかだよ」

「もちろん、シミュレーターは可能な限り本物に近く作られているわけだけど、常に未知な部分も残るんだ。この縁石はまったく同じかなとか、これと同じグリップが得られるのかとかね。ほかの要素もあるかもしれないし、タイヤカスがどういう状態になるかも分からない。だから過去のレースのビデオを見るのも有益なんだ。ドライバーたちがどういうラインをとっているのかが分かるからそこから学ぶこともできるしね」

「木曜日(26日)にコースを歩くのが待ちきれないよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック