ホンダ「世界一のエンジン」になるには?

レッドブル「シーズン前半のトロロッソ・ホンダの進展を注視していく」

2018年03月12日(月)20:32 pm

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2019年のレッドブル・ホンダ誕生を視野に入れながら今年のトロロッソ・ホンダの進展に注目していくつもりだと明言した。

レッドブルは今季もタグホイヤーというブランド名でルノー製のPU(パワーユニット)を使用している。

レッドブルとルノーは2010年から2013年までは4年連続でF1タイトルを獲得してきた最強コンビだった。しかし、ルノーが2014年に導入された現在のPU開発に乗り遅れたことから両者の関係が悪化。

さらに2016年からルノーがフルワークス体制によるF1挑戦を再開したことから、今ではレッドブルとルノーは単なるPUサプライヤーと顧客チームに過ぎないという関係に変化してしまっている。

■ルールが緩和されてもPUの力関係に変化はなかったはず

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、スペインの『El Confidencial(コンフィデンシアル)』に対し、今年のルノーPUが昨年からどれほど改善されたのか様子を見ていくことになると次のように語った。

「今年の成り行きを見守る必要がある。だが、パワーが劣っていれば我々としてはそれをクルマで補おうとするしかないんだ」

今年はPUの主要コンポーネントの年間使用数が3基までに制限されることから、昨年信頼性の問題が多発したルノーにとってはさらに厳しいシーズンとなることが予想されている。

そして、最近の報道によれば、ルノーはあえてグリッド降格ペナルティーを受けるリスクを負いながら、最初から年間4基のPUを投入する開発計画を選択する考えのようだ。

ホーナーはこの件に関して次のように語っている。

「誰が3基だけ使うことになるのか面白くなりそうだね。だが、もしレギュレーションが緩和されていたとしてもパフォーマンスの順位は変わらなかったと思うよ」

「問題は、この世代のエンジンレギュレーションはルノーにとってよいものではなかったということだ。メルセデスやフェラーリほどにはね」

■翌年のPUサプライヤー決定期限は5月にあらず

一方、少し前にルノーF1プロジェクトを率いるシリル・アビテブール(マネジングディレクター)が、レッドブルがもし2019年もルノーからPU(パワーユニット)供給を受けたければ5月までに決定してもらう必要があると語ったことが報じられていた。

だが、ホーナーはアビテブールが示唆した最終期限は間違いだと次のように主張した。

「我々の理解によれば、5月というのはFIA(F1統括団体である国際自動車連盟)に方針を伝えなければならない時期だ。だが、必ずしもその時点で確約する必要はない」

「最終的に決まるのは夏の終わりころだ。それが決定を下すべき現実的なタイミングだよ」

実際のところ、2017年にマクラーレンがホンダとの関係を解消し、2018年にルノーからPU供給を受けること、それに伴ってホンダがトロロッソにPU供給を行うことが確定したのは9月になってからのことだった。

■今季前半のトロロッソ・ホンダに注目

ともあれ、2019年にレッドブルが搭載するPUに関しては、現時点ではホンダが最有力候補だとみなして構わないかもしれない。

昨年は信頼性とパフォーマンスが大きく後れをとったホンダPUだが、2月下旬から合計8日間にわたってバルセロナで行われた今季のシーズン前公式テストではトロロッソ・ホンダが予想以上の信頼性とパフォーマンスを発揮してみせただけに、その可能性が一層高くなったのは事実だろう。

「ホンダはトロロッソとともに素晴らしいスタートを切ったね」

そう語ったホーナーは次のように付け加えた。

「間違いなく、我々は今年前半の彼らの進展具合を注視する絶好の位置にいる。大きな関心を持って見守っていくつもりだよ」

前後の記事
最新ニュースをもっと見る  >
TopNewsの最新ニュースが読めるよ!
facebookフォロー Twitterフォロー RSSでチェック